私の避妊薬事情!数年前からご用達のアフターピル

アフターピルの詳細

望まない妊娠をなくすためにも、マイルーラの使用やコンドームの着用など、正しい知識の下、男女が協力しての避妊が望ましいのは言うまでもありません。
しかしパートナーが避妊に対して非協力的な姿勢であったり、不幸にも強姦など性暴力の被害者となってしまった場合など、望まない妊娠の可能性で不安になるケースは存在すると思います。
そのようなときに頼りされるのが経口避妊薬、いわゆるピルですね。

まず初めに、経口避妊薬は大きく二種類に大別されるのはご存知でしょうか。
定期的に服用をする低用量ピルと、性行為後に服用するもの、いわゆるアフターピルです。
低用量ピルは正しく服用すれば避妊効果は高いのですが、避妊自体よりも、生理前や生理時の症状軽減、美容効果などを狙って使用されるものも多くあります。
今回は手軽な避妊薬としての効果を優先した、アフターピルに焦点を当てて説明させていただきます。

意外と知られていないその作用ですが、これは一時的に大量の女性ホルモンを摂取することでホルモンバランスを乱し、子宮内膜を剥がし、結果受精卵の着床を妨げます。
成分であるレボノルゲストレルは、卵胞ホルモンと黄体ホルモンとの混合剤で、人口的な女性ホルモンのような成分です。
副作用には倦怠感やおう吐感、むくみ、めまい、下腹部の痛みなどがあります。
服用して避妊が成功した場合は3日から3週間ほどで月経のとき程度の出血が見られます。
病院でアフターピルを購入すると、1錠あたりにして3000円から15000円程と高額になります。
これは日本では緊急避妊用のピルは認可されておらず保険の適用外となるためです。
しかし個人輸入代行などでジェネリック薬を選択すれば薬価を大きく下げることが可能です。

日本で有名なのは、シプラというインドの大手製薬メーカーが製造するアイピルではないでしょうか。
アイピルは1錠あたり1000円前後と安価にて購入でき、有効成分はもちろんレボノルゲストレルで1.5mgの成分量です。
緊急避妊用のピルとして問題なく服用でき、世界中で多くの方に利用されているアイピルですが、身体への負担もそれなりに大きいのであくまでも緊急用とし、できれば低用量ピルなどによる計画性のある避妊を心がけるようにしたいものです。